鬼手仏心

鬼手仏心

伝統工芸士:富樫憲治作
鬼手仏心

堺で一流の鍛冶職人として名を馳せる、「富樫憲治」氏が鍛錬した出刃庖丁シリーズ。
白二鋼特有の鋭い切れ味を適切な鍛錬と熱処理により、粘り強く切れ続く欠け難い出刃包丁に育て上げました。

鋭さを求めた出刃は存在しません。なぜならば、鋭さ=硬さ 硬い=欠け易いとされるからです。
富樫氏の硬くて粘りのある包丁を生み出す技術があるからこそ実現したシリーズです。

出刃に鋭い切れ味を求める方、欠け難い出刃を求める方、大量に捌く事のある現場にお薦めです。

仕様

鋼材:ヤスキハガネ 白紙2号
方式:打刃物鍛造
研ぎ:本霞+ 細目木砥仕上マチ磨き
柄 :朴八角水牛柄
鞘 :朴鞘ピン付
銘 :鬼手仏心
硬度:62HRC-63HRC

推奨仕上げ砥石

各種 天然合砥石 巣板
北山・G1・シャプトン刃の黒幕
酔心仕上砥石#4000(白)

■名前の由来とコンセプト■

鬼手仏心 
名前の由来は、外科の医者に通ずる言葉です。
外科医は人の体にメスを入れます。それは一見鬼の手のように見えます。
しかし、それは患者の体を治そうと思う仏の心です。

その思い、心を庖丁にも与えたく、この名前を選びました。
調理を始める際、特に和食では魚を捌きます。一番最初に魚へ入れる庖丁は出刃庖丁です。
人が生きて行くためには、食べなくてはなりません!
食べ物(魚や肉、野菜)に感謝しながら、美味しく調理する為の道具として。

品番 品名 価格   品番 品名 価格
942935 150mm出刃 ¥33,000   942974  210mm 身卸 ¥38,000
942936 165mm出刃 ¥35,000   942976  240mm 身卸
942937 180mm出刃 ¥40,000  
942938 195mm出刃 ¥45,000        
 942939 210mm出刃  ¥51,000   
             
左用は価格の5割増しです。 価格表にない製品はお問い合わせ下さい。