銀三鋼本霞

酔心 銀三鋼 本霞

特徴
日立ヤスキハガネ銀紙3号を鍛えて作られたシリーズです。 鍛えてもあまり意味が無いと言われているステンレス系鋼材に堺の伝統的な鍛錬技術を駆使し刃持ちが良く硬く鋭く研ぎ易い庖丁に仕上がっています。錆びに強い軟鉄と鋼で作られていますので、メンテナンスが楽になり調理道具としての総合的に優れています。
現在は、ステンレス鋼を鋭く研ぎ上げる事が出来る砥石が多く開発されており、従来の錆びるハガネに迫る鋭さを得る事が出来ます。お寿司屋さんなど酢を使う現場、水産関係の常に水に触れる環境で庖丁を使う現場、庖丁以外の事に気を使わなければならない現場などで広く愛用されています。

仕様

鋼材:ヤスキハガネ 銀紙3号
方式:打刃物 二層鋼
研ぎ:本霞研
柄 :一位八角柄
鞘 :無
銘 :酔心 銀三鋼
硬度:約59HRC~約60HRC

推奨仕上げ砥石
北山 /INOX専用仕上砥石
中仕上砥石#4000 SP
シャプトン刃の黒幕#2000~#5000

 

*上記価格に消費税は含まれておりません。
*左用は価格の50%増しになります。