酔心富士本焼

酔心白鋼 富士本焼

Previous
Next

特徴

堺の名工 伝統工芸士 池田美和氏作

日立ヤスキハガネ白紙3号を丁寧に鍛えて、富士山波紋を施した至高のシリーズです。

的確な鍛造技術、工程時の温度管理、焼入れ温度を見極める事が出来てこそ現れる
明瞭な波紋は、全ての技術と経験が集約された証となる。

見た目の美しさと、正統な本焼庖丁としての性能も兼ねそろえた逸品です。

全ての庖丁に製造証明書が付属します。

仕様
鋼材:ヤスキハガネ 白紙3号
方式:油本焼
研ぎ:両鏡面/鏡面本刃付/におい出/アゴ磨
柄 :黒檀銀巻白牛八角柄
鞘 :塗鞘
銘 :表銘無し
箱 :桐箱/錦袋付
硬度:約62HRC

推奨仕上げ砥石
酔心超仕上砥石#10000
北山#8000 / 嵐山#5000
仕上砥石#4000 SP
仕上砥石#3000

*上記価格に消費税は含まれておりません。
*お急ぎの場合は在庫確認をお願いします。

*左用は受注生産、価格の50%増しになります。