1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. 切る人の感覚

切る人の感覚

今日は、仕事終わってから散髪に行きました。

この散髪屋さんは超コダワリで、ボクが庖丁屋と知ってから、切りながらいつも
刃物の話(散髪屋さんなので鋏の話)になってしまいます。

鋏にも色々あるようで、最近の鋏は振り回してカットする事が多い(カリスマ美容師の影響?)
軽い鋏が主流のようで、昔ながらの重量感ある肉厚な刃を持ったので切りたい!!とか・・。

切る方向によって髪の毛を流せる。とか色々教えて下さりますが、やはり切る人は?刃物に
携わる人は、業種が違えど共通点があります。

特に、職人気質の人は、共通点が多いです。

鋏を持ったら、その人のドコを切ったら良いか解るとか! 
アレコレ考える前に勝手に手が動いてしまうとか!

上田師範も、魚がココを切ってくれって言うねん! と言っていた。。
師範の捌きは、ボクがアレコレ考える前に手が勝手に捌いてしまう感じ!

恐れ多くも、ボクも例えに入れさせて頂くと、研がなければならないトコを
知らない間に研いでる!

↑最近ようやく感覚で捉えられるようになってきた感じで、偉そうな事書いて
 ゴメンナサイ(><)

色々な失敗とかを繰り返して、手に入れた経験や技術だと思います。
感覚なんで、余計に言葉で伝えにくいのかも・・・。 
見て覚えるとか、盗み見るとか、やっぱり自分で感じないと得とく出来ない分野です。。

  • 2009-01-16

関連記事

過去記事