1. HOME
  2. 日々修行
  3. 庖丁関係
  4. 疾風一番

疾風一番

先週金曜日、My疾風を研いで上田屋さんへ行きました。

仕上げ砥石はいつもと同じですが、砥面新陳代謝の方法を
少し変えて糸引を入れました。 (名倉的作用をプラス。) 

僕の切れ味感覚では青二鋼にしては鋭く付いた感じがしました。 

青二鋼の爪にキュ~っと入る感じは残しつつ、白鋼のような掛かり!
矛盾してるんですけど・・・ そんなイメージです。

師範に手渡し、てっさを引いてもらいました。
「よ~切れるわ~~ 今までで一番ちゃう?」っと。。。
いつもより好印象でした。

INOX鋼以外にも、他社の水本焼や霞包丁なども使っている師範に
エエ切れ味!っと言って頂けた事は嬉しかったです。

僕の研ぎが、云々じゃなくて職人が作った包丁の実力を最大限に
発揮できる砥石の相性や研ぎが出来たことが嬉しいのです。

それぞれに特徴があるので、全て同じ感じに仕上げる事が出来ない
かも知れませんが、鋭さの定義? ボーダーラインはあると思うので
それをクリア出来る相性などを探って、自社製品と合わせて紹介する
のが販売元としての役割かも知れません!

+ + + + + + + + + + + + + + + + + 

明日で、僕の忙しさの波が落ち着きます!!
本刃付けも貯まっているので、徐々に研ぎ上げてお送り致します。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + 

  • 2009-10-26

関連記事

過去記事