1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. やわらかい物は切りにくい!

やわらかい物は切りにくい!

今朝、酔心庖丁を販売している業者さんが来ました。

銀三鋼の出刃と身卸を引き取りに来たのですが、この方。。。
いつも柔らかいスポンジを持ってきて試し切りをします。

お客さんに、切れない庖丁は渡せない!!と言うプライドもあって
の事と思うのですが、要望としては本刃付けに近い状態であります。

自分がもし庖丁を買う立場になったとして、買った庖丁が新品から
切れないのも切ないし、結局本刃付けするにしても切れる方が嬉しい!
しか~し 無料で出来る範囲もありまして・・・。

食器を洗うようなスポンジならば、ある程度の刃付けでサクサク切れます。
しかし、柔らかなスポンジは、切ろうとすると逃げるんです。
それを逃げない様に、刃でしっかり捕らえないと、切れません。。

切れ味テストは覚悟していたので、事前に研いでいたのですが、身卸の
状態が宜しくなく、チェックに引っ掛かりました(><)b

銀三鋼自体、ちょっと滑る感じになるので、スポンジを捕らえるエッジを
立てるべく、前々から実験してきたコンピネーション研ぎを行いました。

むふふ♪

一発OKです!!  おい達哉! なんで最初から、そうしない??

いやいや、そうしてたんですが。。。出刃の後に身卸を研いだのが原因か?
砥石の目詰まりも、関係してそうな気がします。。。

果たして、、このスポンジが切れた=食材が良く切れるのか?は疑問ですが、
柔らかい物ほど切りにくいと師範も言ってましたので、目安にはなるかと・・。

銀三鋼はちょい粗めが良いですね! それと研ぎ過ぎるとダメ・・・。
研いだらもっと切れるようになる~って思うんですが、研ぐ事で切り刃の
形状が変化して切れ込む刃にはなると思うんですが、、掛かりに関しては
別の話かも知れません。(仕上砥での話!)

もしくは、薄さで切ってしまうか!!でも銀三は薄くしちゃうと良く無いしな~。
本焼銀三鋼なら大丈夫かなぁ~~。。。 試してないので解りませんが(^^;

さて、三連休!! 一日だけ出勤予定~

荒れ模様ですが、スズキちゃんを釣りに行こうかな~。。
平スズキってやってみたいけど、過酷そうだしなぁ~~。。

研ぎも調理も釣りも 安全第一で!

  • 2010-03-19

飛沫を浴びながらの釣り、磯マルはありますがヒラはまだありません。ただ仕事もそうですが苦労して出した一本は一生の思い出になると思います。そんな感動する一瞬に出会いたくて最近磯を転々としています。この時期はランカーも夢ではないかもしれません。

  • 2010-03-19(23:36) : 
  • zonk URL : 

コメントありがとうございます。

苦労して出した方が、記憶に残ります。。。
結局バタバタして釣りには行けませんでしたが、道具を綺麗に磨きました!

ある寿司職人さんから、教えて頂いた事ですが、
「釣りが上手くなりたいなら道具を大切にせい!」
だそうです。

お寿司屋さんも、あの松田稔氏から直接教わったと。。。

道具を大切にする事は、どんな事でも大切かもです!!

来週末は遠征します(^^)b 

関連記事

過去記事