1. HOME
  2. 日々修行
  3. 庖丁関係
  4. 切らんと解らん!

切らんと解らん!

包丁について情報が欲しいと要望があり、一般的な情報以上にマニアックな内容を
求めて、いつもお世話になっている上田さんのお店に行きました。

メインは寿司切包丁についての使い方やメリット、デメリットを現場からの生きた情報を
教えてもらいに行きました。(肝心の寿司切り包丁を忘れて行ったのは風邪のせい?苦笑)

上田さんってフグ屋さんでは?とお思いの方も居られるかと思いますが、寿司屋さんでも
修行を積まれてますので、豊富な知識をお借りして、色々と教えて頂きました!感謝!!
当日カメラマンをして頂いたロック大澤氏にも感謝です(^0^)b

で、切らんと解らん! の本題です!
会社では、スポンジや新聞紙を切って切れ味テストを行っていましたが、
今回上田さんより「達哉くんが自分で色々切ってみたらエエねん!」と言われ、、
フグ、マグロ、ナマコを INOX本焼、青水本焼、ヒロシ君(新製品W)、で切らせて
頂きました。

多分、こんなんだろうと思ってた。多分コレくらい切れたらエエと思ってた。
この刃付けがエエと思ってた。 

自分で釣った魚を捌いたりして、何となく解ってたけど、、解って無かった。。

思ってた事が、一瞬崩れて・・・新しく実体験として構築されそうな予感です。

言い方が難しいんですが、、食材に押し返される感覚や刃の入り具合の違い、
切れて欲しい具合、重量とか色々沢山いっぱいの感覚が津波のように・・・。

こんだけ書いてますが、まだまだ全然解ってないんですが(笑)ドアノブに手を掛けた感じ。
でも、こうやって切る事で、調理師さんが言いたい事、欲しい物を近い目線で感じれる。 

上田さんからも、
「あんだけホームページやってるなら、もっと入って来てもエエんちゃうか?」っと・・・。

性格的に、入ったら抜けれなくなるんです。。でも入ってしまいそうです。。
上田さんも「教えてあげる!」と言って頂いているし、チャンスだ!
プロから直接教えてもらえるチャンスです。。 

包丁できっちり切れる男に、、より深い修行の道に入りそうです。。

PS:2月初旬から風邪引きました。。3年振りに熱出ました。。健康が一番です!
   まだまだ寒いですが、皆さんお気を付け下さい。 

  • 2008-02-13

関連記事

過去記事