1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. いただきます編

いただきます編

お魚を頂きました! 捌いて頂きました! そして待望のお食事編です。

まず、オニカサゴの刺身デス。
真ん中の赤いのは皮の湯引き!

色々あって、ダイナミックに身を取る為に? 反対側から引いて(逆目に)頂いた物です。
クローズアップ写真があれば、解るのですが。。。切った断面が逆立っていました。
舌触り云々を舌で感じる事が出来ました。 こんな風にセオリーとは逆の刺身を食べる事で
正攻法の大切さを認識させられます。。 ポン酢で頂きましたが、絡みは良かったです。

もちろん、旨味もありポン酢が抜けた後でジワジワと旨みを感じる事が出来ました。

この刺身を引くとき、師範が「これは旨い、切ったら解る!」っと。。。
身の跳ね返しが違うのだとか、身の色合いなど、色々な知識と経験で解るんですね~

ここで、引かせてもらえば良かったのですが。。。お腹空かせて見てました・・・。
完全に食事モードでした・・・。

Next!
煮付け風、アラ焚き? 

見るからに美味そうで美しいデス。 もちろん美味しかった!!

大きい頭なので、身もあちらこちらに入っていて蟹を食べるように静かに食べました。
ゼラチン質も多く、お肌に良さそうな(笑)

味醂による照りと、色あせないうちに取り出した しし唐、クタクタになる前の大根!!
そして、見せる盛り付け!!

料理にこだわると、器にもこだわります。。←過去にお客さんに言われた事が・・。実感

お店で働く姉御さんも、「美味しい!」っと笑顔に!! 
美味しい物を食べると自然に笑ってしまうのは、条件反射なのかな?

Next!
胃袋の湯引き

どうです?この透き通った感じ! コリコリして美味かったですが、酒の肴チックに感じました。
モリモリ食べるのじゃなく、チビチビお酒を飲みながら~ と言う逸品かと!

モリモリモード僕の為に、ご飯まで炊いて頂きまして・・・ ありがたや~~

Next!
オニカサゴの塩焼きデス。

写真では解りにくいですが、身はフワフワになっています。
焼いている所をマジマジと見ていましたが、あんな事やこんな事の細かい手の入れようで、
家の魚焼き機では、到底得られないな。。っと思いました

出来ない事は無いんでしょうけど、、、皮をパリっとしたかったりを考えると・・・。

なんだかんだで完食!  超豪華な夕飯でした。

定番の「オニカサゴのオニカサゴ」
写真ではわかりにくいですが、デカイですよ~ 
達哉専用、上田屋タイのタイ保管鉢に追加された新しい仲間です。

最終的に狙うのはマグロのマグロなんです。。

っとゆう事で、完全お料理?お食事モードの日々修行でした(笑) 
すみません贅沢しました。

OKUYAMAさん、お魚!! ありがとうございました。いつか一緒に上田屋へGo!
上田師範、いつもいつもありがとうございます。

で、、ここで終わりと思わせながら、ブログをご覧の方にご質問デス・・・

彼がどちらかの魚についていました。 コレってタイノエみたいな物なんでしょうか?
「師範は初めてみたぞ~~」っと。。。
何か知って居られる方、良ければ教えてくださ~い。 

  • 2009-03-02

関連記事

過去記事