1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. 小出刃の修理

小出刃の修理

今日は、年始にお預かりした小出刃の砥ぎ修理を行いました。

形状の修正と、砥ぎなおしです。
古い包丁で、硬いですよ・・・っと伺っていましたが、その通り硬く締まった包丁でした。

サビが出ていますが、黒サビで年代物の雰囲気がある包丁です。
小さなアイケがあったり、鋼が少なかったりで古い包丁を感じさせます。

低温接合で起こる、裏の地合いも良い感じ!

裏スキをお薦めしたのですが、何もしなくて正解でした。
変に触ると鋼が少ない分、軟鉄へ抜けてしまう危険性がありました。

刃元のシノギ筋が下がっているのは、平の影響です。この部分の刃肉が薄いと想像下さい。

硬いだけあって、欠けたら嫌なので刃先は少しハマグリ風にしました。
切刃の角度が鈍角なので、このままベタ研ぎしても大丈夫な気がしたりしますが、
それを決めるのは、お客様!!

も~~ 思いっきり切れる出刃包丁に砥ぎあがりました。

明日の来店お待ちしております!!

  • 2018-01-10(00:57) :

関連記事

過去記事