1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. 硬い天然で研ぐ!

硬い天然で研ぐ!

硬い天然砥石で研ぐと。。。みたいな事を以前書きましたが、

再度、天然砥石屋さんに聞いたら硬いので砥ぐとパシッとした
刃が付きますよ!っと言われました。

どんなもんかな?と思い会社にある硬い大平で研いでみたらパシッと
した刃が付いた(^^) これは聞いたからそう感じると言う心理的な事
もあるけども、良い表現だと!!

しかし、硬い石でパシッと刃を付けるのは難しい。。。
名倉とかを使えば、簡単に刃を付ける事が出来るけど、パシッとした
感じにはならない。

パシッとするには。。角度をこうやって・・・・っと言いたいけども
同じ大平があるとは限らないし、包丁の素材も様々なので・・(^^;

面白い話を聞いたので共有です!

大村砥(和歌山産)は産出終了になっているそうです。
詳しく解らないけど、後継ぎが居ないとか色々聞いた。。
砥石屋さんが来たので、一緒にツルハシ持って堀りに行こう!!
と冗談で言ってみたら、「大村砥の取れるトコには住宅が。。。」
なんと、住宅地になってるらしい(^^;  なんかショックですね・・。

===============================

大村砥(目透)について!!

上に書いたように、産出は中止されています。
円砥は皆無で、酔心のルートから3個程販売してから円砥の存在は
確認していません。無いと思った方が良いかも知れません!!

しかしながら、小砥石(角砥)を持っている砥石屋さんがあったりしま
すので、足しげく通ってみるのも良いかも知れません!

小さい鎌砥なら、簡単に入手できるかも知れません。

先日、ホームセンターで人造大村を見ました。見た感じは大村です(笑)
研いで無いのでどんなもんか解りませんが、#800くらいな感じでした。
ポロポロもどけそうな感じがします。。

いずれにせよ、天然の大村は確実に無くなります。
合砥のように高価では無いので、興味がある方はゲットして良しです!

===============================

2007-06-25

関連記事

過去記事