1. HOME
  2. 日々修行
  3. 庖丁関係
  4. 形状記憶包丁?

形状記憶包丁?

今日、刃付け屋さんから研ぎが上がってきた。
鍛冶屋さんで生地を見るよりも、刃付け屋さんから仕上がってきた包丁の方がどんな物か良く解る。

今回はオーダーメイドで受けた土井作のフグ引包丁だ。
良く締まった包丁は、鍛冶屋が打った状態に戻ろうとする。
「今回のは、凄く戻ろうとしたわ~」っと帰り際に話してくれました!

薄い包丁(フグ引、蛸引)などで、しなるような包丁がある。
一見ベラベラで締まりが無いように思うが、締まっているからこそ
あのような包丁になるのかも知れないと思った。

全てにおいてパーフェクト、そして伝統的な製法でなくては!あの感じに
なら無いと・・・。 軟鉄に特殊鋼を使う!なんて話があるが、
パーフェクトに近づける為に、ごまかしたに過ぎないと・・・・。

ウニウニと曲がるが、切る時は硬く芯が通っている事!
しならせたい時にしなる、思い通りの包丁! エエですよね(^^)

昔、会社に良く来ていた凄腕の研ぎ職人さんが言っていた意味が、
今日やっと解った。僕が包丁業界に入って間もなく亡くなって
しまったが、今もまだ、言ってた意味が解らない事が沢山ある。

一つ一つ体感?実感して意味を理解していきたい。

日々修行 2006-12-26

関連記事

過去記事