1. HOME
  2. 日々修行
  3. 庖丁関係
  4. INOXに直刃

INOXに直刃

黒檀柄の水牛割れ交換!で帰ってきたINOX本焼の柳刃包丁。。
帰ってきた包丁の研ぎを見るのは楽しみ!
どんな研ぎで、何をどうしたいのかを考える。

今日のは、直刃(ベタ研)で炭素鋼の本焼並に薄く研ぎ上げてある。。。
もちろん欠けも目立っていて、、爪に乗せたらピロピロする!丈夫なアルミホイルのような・・・。

この所バタバタしてたけど今日は、なんだか手が空いていたので、
欠け修正してみようかと・・。
思ってみたものの、「欠けを取って、同じように薄く研ぎ込むのは大変だぞ、、そもそも研ぎ修理の依頼はないし」と葛藤・・・

悩んだけど、、、、触ってしまった(ーー; 

欠けだけ取って段刃にして返せば文句言われそうだけど、持ち主が求める方向へ
修正すれば喜んでくれるだろうと。。 でも、使って欠けたら。。。 
色々な思考を繰り返し。。。

直刃に目に見えない糸引+αを加えて仕上げてみた。

「やっぱり、良く切れるなぁ~」 切っ掛けを作ってやれば吸い込まれるように切れる感じ。

INOXで水本焼並みの硬度があれば、凄いんやろうなぁ~。。
1.鋭く切れると言う意味で凄い!
2.砥ぐのが大変になると言う意味で凄い(笑)

今度、自分用のINOX本焼を直刃SPに仕上げてみようと思う。
平造り、薄造りの具合でも変化が見られるかと。。。

あ~折角習った魚の捌き方も、魚に触れないと忘れてしまいそうです。。。

  • 2008-03-24

関連記事

過去記事