1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. 複合切刃

複合切刃

包丁研ぎが好きな方? 包丁を研いで自分の思うままに使いたい方の包丁は、
自分なりの研ぎをされています。

その中でも、難しいのは切刃の中で複数の役割を持たせる研ぎです。
これは、考え方によっては、駄目な研ぎ方ではありますが、仕事に使う
道具として考えた場合、使い易いようにした最良の研ぎでもあります。

直刃が好きな方は???な話かも知れません!

あくまでも想像の話で、このラインが最高ではないのでご注意です。。

これを等高線のように考えて、黒い線に沿って面を取って行きます。
黒線部分がハマグリの天になる感じです。

切っ先部分は、極端な話ハマグリなしのベタ研ぎにして、刃元に向かって
ハマグリが強くなっていくイメージです。

先から見ると、こんなイメージ!
線を引くと極端に見えますが、実際には透かして見て解る程度に仕上げます。
ミラーボールのように、カクカク仕上げる訳ではありません!

この様に切刃を仕上げると、当然ですが砥石は均一に当たりません!

修理で、たま~に、この様な研ぎした包丁が来ますが、、狙って研いであると
どう修理していいのか悩みます(・。・;  厚みを抜いてしまって良いのか?
この状態を維持して、研ぎ上げるのか・・・。

研ぎが上手だ!っとかありますが、綺麗に研げるのが上手なのか?
それとも、自分の思ってる通りに研げるのが上手なのか? 難しいですね・・・。

  • 2009-06-23

関連記事

過去記事