1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. 研ぎ修理

研ぎ修理

今日は、薄刃、柳刃、出刃の三種類を研ぎ修理しました。

研ぎの難しい薄刃は形も崩れないで、上手に研ぎをされていて、
刃肉を研ぎ抜く修理のみ!な感じでした。

柳刃と出刃は形状直しと、刃肉を抜く研ぎを行いました。

柳刃の方が、異様に反っていて歪み取りからスタート!
この包丁が非常に柔らかい・・・。 軟鉄が柔らかくウニウニ動く。

想像するに、皮引(外引)したら、直ぐに動くのでは??と思う状況。
鋼はちゃんと硬いので、軟鉄の重要性を改めて認識しました。

歪みのまま研ぎを入れられていたので、真っ直ぐに修正して研ぐと、
砥石に当たらない部分が多数ありで往生しました。

出刃の方は、軟鉄も鋼も異様に硬く(硬過ぎる??)苦労しました。
案の定、小刃欠けを起こし易い具合だったので、刃肉を残しハマグリ刃
に研ぎ上げました。

この軟鉄の硬さ具合など、出刃と柳刃が逆なら良かったのに・・・。

各庖丁とも、ちょっと反った砥石で研がれていたのか、裏押しの状態が
フラットでは無く、両刃になっていました。。

お客さんの砥石では、ベタっと当たるのかも知れませんが、平らな砥石
で研ぐと、馬が合わない??って感じで、裏刃に砥石が届かないので
これまた、往生しましたw が!妖テクニックで、バシ!っと研ぎ上げました。

さて、これから残業開始です!

ちょっとブレイクタイムでブログ書きました。

  • 2012-12-05

関連記事

過去記事