1. HOME
  2. 日々修行
  3. 庖丁関係
  4. 究極の包丁とは

究極の包丁とは

特集にしたいようなテーマですが書かないと始まらないので片鱗を少し。。

究極の包丁への考え方は色々あると思うのですが、包丁としての性能を
追いかけた時、包丁に課せられる最良の条件とした場合、これが揃えば
究極と言う域に入るのではないかと思います。

包丁としての性能を追うと、バランスとか研ぎとかも重要かも知れませんが
純粋に切る性能を考えた場合。

1.鋭い事
2.その鋭さを保てる事

この二つが、刃物鋼材として最高の条件かと思います。

鋭さは、硬い包丁を作れば得る事が出来る。
鋭さを保つためには、粘り(柔軟性)を持たせなくてはならない。

硬くて粘りのある包丁が出来れば、鋭く永く切れる包丁となるのです。

この事は、賛否両論で色々な意見があるかも知れませんが、そう思います。
あえてブログでは深く掘り下げません! 

これは、ずっと前から考えていた事で、職人さんからも話を聞いていました。
いつかしっかり整理しようと思っていたのですが、あえて今日書きました。

今日書いた理由。
上記に書いた包丁、もしくは上記を狙って作った性質の近い包丁は、研ぎが
難しいと感じたからです。 しかし、この研ぎの壁を越えた時、素晴らしい刃を
得る事が出来ます。これは鋼材が硬いから研ぐのが大変!って言う事では無く・・・・。

今日、そのような包丁を研いでいて、これはしっかり包丁と向き合わないと、その
包丁が持つポテンシャルを全て使えない知れないなぁ~っと思いました。 

単純な対処方法と、突っ込んだ対応方法を模索中です!

今日は、あえて複雑に書いてみました。

  • 2009-09-11

関連記事

過去記事