1. HOME
  2. 日々修行
  3. 庖丁関係
  4. 柳刃の修理工程!

柳刃の修理工程!

プチ特集

修理前に理想のシノギラインを書いた状態!

荒砥で大まかに形成する!

中砥石で凹凸を取り、ハマグリ形成して糸引き入れて切刃を
お気に入りの青砥で軽く霞ませる! 貼り付き率軽減??

修理前と比べると、格段に抜けは良くなっていると思う。

今回依頼を受けた包丁各種!
魚屋さんが使うので、出刃パワー仕様にしてみた。
上2本のマキリは、パワー仕様と繊細仕様に。

この前に受けた出刃包丁各種に対して、さっき感想が来た。
出刃包丁もシノギラインを上げて抜け重視! The裂き抜け? The先抜け!
で送ったのですが、「切れ過ぎる!」との事。しかしながら、力を入れずにホッケの
開きが作れるので、開くスピードが上がって効率がUPしたとの事。。。

やっぱり刃付けは、刃先の繊細さも必要だが、構造作りで圧倒的な切れ味向上
に貢献するのだと感じてます。

さて、、今回の柳刃は、、どうかな?

なんか特集みたいな日々修行ブログですね・・・。
このシノギの上げ方、動画を撮ったのですが。。。ん~~悩ましいです。

  • 2008-08-29

関連記事

過去記事