1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. 砥石幅

砥石幅

切刃をピンスポットで研ぎたい時、幅の広い砥石は使いにくいです。

余計な所が当ってしまう事が一番の理由です。
特に荒砥石などは、研ぎ汁(砥粒)も研磨力があるので尚更です。

なので最近、荒砥石を使う事があれば

画像のような感じで砥石側面を使って研いでいます。

幅が狭いと安定しないように感じるかも知れませんが、砥石のセンターを
外さなければ、問題無しです。

この使用方法だと、

1.砥石を長く使える。
2.面直しが意外に楽ちん。
3.切刃に合わせた研ぎ角度を作れる。←コレが一番の狙いデス。

などなどのメリットがあります。

デメリットは、、ざっくり研ごうと思うと研ぎにくい。
(砥石センターからズレるとエライ事になる。)
砥石の側面は平面になって無い事が多い、、ので新品でも要面直し!

新しく荒砥石を新調された時は、一度試してみてくださいませ。

#4000中仕上げ砥石台付 入荷しました!

  • 2013-03-05

関連記事

過去記事