1. HOME
  2. 日々修行
  3. 庖丁関係
  4. 椛を研ぐ

椛を研ぐ

ようやくPCが普段通りに使えるようになりました。
(あれもこれもロック大澤氏のおかげです。)

しばらくPCに張り付いていて、包丁を触ってない・・・といいましょうか。。
研いだりしていなかったので、キズ物として弾かれた椛を研ぎました。

記憶とは素晴らしい物で、研ぎ角度なんかは覚えてるもんです!
覚えてますが、アバウトです。。 大まかな切刃作りは出来ても最後の細かい部分で
「あれ?」「どうして?」っと感覚の鈍りを感じました。

いつもなら当たってるのに、この角度で当たらんか?? 

想像と現実のギャップを埋めるのに時間が必要でした。

刃元をハマグリ風に、先をベタに! 切り離れを意識して軟鉄部分は#1000の目を残し
鋼部分を光らせて、糸引き入れて補強?保護?をした感じです。
多分、そうなるだろうと想像しての研ぎデス。。。

ベタ研ぎにした切っ先で霞を維持するのが難しいです。
柄を持つ右手の角度意識と、包丁裏を押さえる左手指先の具合しかありません!!
これは、見た目重視?な感じもあるので、、切れ味や抜けに影響するのかは微妙・・・。

味のある研ぎって事で、、

  • 2008-06-19

関連記事

過去記事