1. HOME
  2. 日々修行
  3. 日々修行
  4. 基本的にハマグリ刃

基本的にハマグリ刃

今日は、基本的にハマグリ刃になった包丁を本刃付けしました。

この包丁、普通に霞の包丁ですが、基本的にハマグリ刃を搭載しております。
Hamaguri Inside!

刃先をチョイチョイっと研いで使うなら、初めからハマグリは有り難い。

でも本刃付けして使う事を前提に考えた場合、完全なハマグリ刃で無い限り
無い方が良いように思えてきました。 (超マニアックで深い話ですよ^^;)

ハマグリになってるのはエエのですが、その中に凹凸があると大変なのです。
ほとんどが凹みが(刃元と刃先)あるのですが、この凹みに合わせて刃付けを
しようとした場合、その凹みの底まで研ぎ抜かなくてはなりません!

それを研ぎ抜くには、膨らんだハマグリが邪魔をします。 
=余計な所を研がなくてはならない!

まあ、、、これは本刃付けして渡す時に感じた僕個人の意見なのですが・・・。
楽出来る!と言うよりも、早く綺麗に仕上がるような気がしてマス。
https://suisin.co.jp/todays-honbazuke2
↑この時の刃付けが好きデス!

最初からあるハマグリを有効活用して、ゆっくり研ぎ卸して行くのが一般的かもです。
無理に凹みを取りに行かないで、刃先を研ぎながら切り刃を研ぎながら数日かけて
一枚の切り刃に仕上げてゆくのが良いと思います。 たぶんこれがベスト!

買って本刃付けして使う人が減ってるとか。。。 そのまま使う人が増えたとか、
そんな話も聞きますが、本当の所はどうなんでしょ?
2009-04-10

関連記事

過去記事